メッゲンホルン・ウエディング公式サイト
メッゲンホルン・ウェディングバナー
 Q1  式場の申込みはいつ頃までにすれば大丈夫ですか?
【A1】
ご旅行のスケジュールが決まれば、早い方が良いでしょう。できれば3ヶ月前くらいまでの予約をお薦めします。6月、或いは10月など、混みあう時期はさらに早い予約がお薦めです。なお、日本の式場のような「仮押さえ」のシステムはありませんので、スケジュール決定後の予約をお願いします。
チャペル
 Q2  婚姻届のコピーなどは現地で特に必要ですか?
【A2】
出発前にあらかじめ日本で入籍が済んでいれば、現地で婚姻届のコピーなど特に必要な書類はありません。現地での挙式は法的な効力を持つものではなく、あくまで祝福(ブレッシング)のセレモニーで、挙式の後に記帳していただきます。パスポート、航空券、その他ご旅行に必要はお忘れなく。そしてもちろん指輪も!
チャペル
 Q3  挙式最中に同行者による写真の撮影はできますか?
【A3】
写真のオプション手配を追加された場合、同行者による撮影も可能です。ただし、厳粛な雰囲気を損わないように、節度を持ってお願いいたします。挙式の後は、素晴らしい湖の眺めをバックに、「スイスで結婚式!」のシーンをどうぞ。
チャペル
 Q4  前日遅い時間に到着予定。ルツェルンには一泊ですが大丈夫でしょうか?
【A4】
不可能ではないのですが、決してお薦めいたしません。特にヨーロッパ内で乗り継ぎ便をご利用の場合、天候等なんらかの事情で乗り継ぎに支障が出て予定の日に到着できなくなる可能性もあります。やはりルツェルンに2泊するのが安全、確実です。
チャペル
 Q5  挙式後に不要な荷物を送り返すことは可能でしょうか?
【A5】
ルツェルン駅前の郵便局から日本へ送り返すことができます。黄色い段ボールの箱も購入できます。送付状は英語やドイツ語などで記載されていますが、日本おの問合せ窓口にて記入例をご用意いたします。または、ライゼゲペックと呼ばれるスイス国内の荷物の託送システムで出発空港(チューリヒやジュネーブ)の空港駅に送ってしまう方法もあります。
チャペル